TRIUMPH 78s’ T-140

クランクシャフト加工待ちの時間に腰上等の修理。
シリンダー径はピストンに対し大分クリアランス多め。
減っているというより、もともと大きめのクリアランスでボーリングしていた様。
オーバーサイズピストンを使用し、ボーリング予定。

タペットはIN側、EX側共に段つきに減っている為交換。
ガイド穴は変形無く、新品と比べてもサイズは変わらないので使用。

カムシャフトブッシュはシャフトに対しクリアランス大きめなので交換。
ケース側、カムシャフト側にあわせ単品製作。

TRIUMPH 78s’ T-140

TRIUMPH T-140。
コンロッドビッグエンド部が焼きついたようでエンジン修理。
プライマリー、ギアボックス、タイミングギア周り分解。
このあたりは大きな問題はなさそう。

ピストンを抜き、クランクケースを割りコンロッドを分解。
ビッグエンドジャーナルは随分痛んでいるが、
幸い、現状のメタルはSTDなので、リグラインド出来そう。
引き続き、スラッジチューブ清掃等を。