福島ラン

6/3.4と福島県伊達市の旅館「つぎだて花工房」まで一泊二日のRAN。
関東からは約10台、トライアンフ中心の英車オンリーで出発。
山道、峠道メインのオール下道で往復約700km。
往路、福島の山中で11°の寒さの中、雨に降られた時が酷であった。

旅館では山形の同士の先輩方との宴会。
一般的な年配の英車乗りは改造車を嫌う傾向がある。
そんなDQN筆頭の私にでさえ、皆気さくに話しかけて頂いたのだが、
山形弁の訛りが激しすぎ、聞き取れず気のきいた事も返せない宴の時…

復路、昼食を頂いた常陸大宮市のそば屋さんをオススメします。
私は料理撮影に抵抗があるので、そばの写真はありませんが、
店主の好みが伺える、本棚の写真を載せておきます。
是非ツーリングの際は、絶品の二八そばをご賞味下さい。

終わってみれば、参加者全員大きなトラブルは皆無で無事帰宅。
自身は配線が切れてエンジンストップした程度。
1年間で1万5千キロ走ったが、配線不具合等初めての体験。
原因は、もしや放射…以下自重します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です