TRIUMPH 59s’ TR6

引き続きリアブレーキペダルのロッド取付部の加工。
マニュアルでは、この年式モデルは取付部が湾曲した造り。
既存の箇所を切断し、鉄板を曲げ溶接、整形。
稼働時でもロッドがフレームに干渉しない事を確認し完成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です